シルクスクリーンとは、最もよく見られるプリント法。
1色ごとに版をおこしてインクで刷ります。
色数は、12色まで使用可能。
色の再生も殆ど思い通りに出来ます。
版を作成するのは最初だけなので、
一度作ってしまえば、枚数が多いほど安価になりえます。
逆に、少ない枚数の場合は割高になってしまいます。
綿等には綺麗に染色し、合繊等は摩擦等によって
剥げ落ちてしまうこともあります。
顔料、ラバーや、ラメ入りインク等があります。
いずれも、綺麗な版ほど綺麗に仕上がります。